サービス
関税ブログAPI
決済大手VISA、ステーブルコイン決済を狙う
banner image
banner image

決済会社Visaは、プラットフォーム上でデジタル資産を法定通貨に変換できる決済用の「マッスルメモリー」の開発を目指している。

テルアビブで開催されたStarkWare Sessions 2023カンファレンス中に、Visa仮想通貨責任者のカイ・シェフィールド氏は、同社がイーサリアム上でUSDコイン・ステーブルコイン(USDC)で決済取引を行う可能性をテストしていることを認めた。 同氏は、それは高額な支払いに関するものだと指摘した。

同氏は、Visa プラットフォームが完全に銀行間システム SWIFT 上で動作していることを思い出しました。 後者の制限により、同社は望むほど頻繁に支払いを行うことができないとシェフィールド氏は強調した。 したがって、同社はブロックチェーンを既存のネットワークに組み込む可能性を模索している。

同社CEOのアルフレッド・ケリー氏は1月、「ステーブルコイン」とCBDCが「決済において重要な役割を果たす」ことができると自信を表明した。 同社はその方向に向けて多くの取り組みを行っていると同氏は語った。

シェフィールド氏によると、ビザは既存の銀行間チャネルを改善するために新しい技術を適用する方法を検討しているという。

記事を評価

前の投稿中国の経済学者、政府に仮想通貨禁止の再検討を要請
次の投稿仮想通貨の半減とは何ですか

質問がある場合、お問い合わせ情報を残してお待ちしています

banner image
banner image

暗号通貨の旅をシンプルに

暗号通貨を保管、送信、受け入れ、ステーキング、または取引したいですか? Cryptomusを使用すれば、すべてが可能です。便利なツールを使って、暗号通貨ファンドを登録して管理できます。

コメント

0

タイトル

当社は、コンテンツと広告をパーソナライズし、ソーシャル メディア機能を提供し、トラフィックを分析するために Cookie とブラウザ フィンガープリントを使用します。また、当社はお客様による当社 Web サイトの使用に関する情報を当社のソーシャル メディア、広告、分析パートナーと共有し、他の情報と組み合わせる場合があります。サイトの使用を続けると、Cookie とブラウザーのフィンガープリントの使用に同意したことになります。

当社は、コンテンツと広告をパーソナライズし、ソーシャル メディア機能を提供し、トラフィックを分析するために Cookie とブラウザ フィンガープリントを使用します。また、当社はお客様による当社 Web サイトの使用に関する情報を当社のソーシャル メディア、広告、分析パートナーと共有し、他の情報と組み合わせる場合があります。サイトの使用を続けると、Cookie とブラウザーのフィンガープリントの使用に同意したことになります。