サービス
関税ブログAPI
リキッドステーキングデリバティブとDeFiにおけるその地位
banner image
banner image

流動性ステーキングデリバティブは暗号通貨の世界で広く普及しており、デジタル空間でも大規模に採用され続けています。 今日は、この用語の概念について説明し、DeFi 分野におけるリキッドステーキングデリバティブの将来の見通しを定義します。

リキッドステーキングデリバティブとは何ですか?

リキッド ステーキングは、ユーザーがイーサリアムなどのネットワーク上でプルーフ オブ ステーク (PoS) コンセンサス メカニズムに基づいてトークンを配置できるようにする非常によく知られたソフトウェア ソリューションです。 ユーザーが暗号通貨のブロックに対して一定の割合を受け取る固定ステーキングとは異なり、リキッド ステーキングでは同じアクションの見返りに、ステーカーはリキッド ステーキング トークン (LST) とも呼ばれるリキッド ステーキング デリバティブ (LSD) を受け取ります。

そして一般に、流動性ステーキングにより、投資家はLSDをデリバティブとして獲得し始めることができ、それによってLSDが元々発行されたブロックチェーンに追加の流動性を引き付けることができます。

DeFiエコシステムにおけるリキッドステーキングデリバティブの役割

DeFiシステムにおける流動性ステーキングデリバティブの役割を理解するには、その出現の理由を特定することが重要です。 一般に、この現象の出現は、従来のステーキング形式には特定の制限があるという事実によって説明され、特定の DeFi プロトコル内では流動性の欠如と集中化の可能性が高いことで説明されます。 したがって、これらの問題に対処するためにリキッドステーキングが開発されました。 これとステーキングデリバティブにより、DeFiユーザーは当初ブロックされていた資産を担保として同時に取引できるようになりました。

したがって、たとえば、ステーキングされたETH暗号は、流動的なステーキングデリバティブ暗号トークンに変換され、流動資産として存在し続けながら販売することができます。 これらは、融資などを含むさまざまな DeFi プロトコルの下で担保として使用できます。 そして、この最も魅力的な部分は、LSD保有者が、LSDを担保として使用したり取引したりすることで追加収入を得ながら、ブロックされた資産から報酬を受け取り続けることができることです。

このように、LSDは暗号通貨資産の保有者にユニークな機会をもたらし、多面的で複雑なDeFi環境に新たな収入源を提供します。

リキッドステーキングデリバティブとDeFiにおけるその地位

DeFiにおけるリキッドステーキングデリバティブの利点

リキッドステーキングデリバティブとは何ですか?また、それにはどのような利点がありますか? その機能のいくつかを次に示します。

  • 流動性の強化: 固定ステーキング中、ユーザーはステーキング資産の流動性が低いと追加収益の機会を逃します。 一方、リキッドステーキングは、利害関係者に流動性への即時アクセスを提供し、リキッドステーキングデリバティブコインからステーキング報酬を受け取りながら、さまざまなDeFiプロトコルでの他の投資や金融活動に資産を使用できるようにします。

  • 収益の創出: ステーク資産をトークン化するユーザーは、複数の DeFi プロトコルに展開して追加の収益を生み出すための複数のソリューションにアクセスできます。 資産がまだトークン化されている間にクレジット市場やさまざまな流動性プールに並行して参加することは、ステーカーの利益を生み出し、最大化するのに役立ちます。

  • 利用可能性: イーサリアム ネットワーク上のリキッド ステーキング デリバティブ オプションとプールにより、ユーザーは従来のステーキングで規定されている 32 ETH よりも少ない金額を賭けることができ、それらのユーザーにはステーキングごとに報酬が提供されます。

  • スピード: Cryptomus プラットフォームなどの従来のステーキングでは、ユーザーが開始して実行するまでに多くの時間を必要としません。 コインは初日から賭けることができ、気が変わったらいつでも引き出すことができます。 リキッドステーキングのデリバティブプロトコルでは、いわゆる「キュー」が存在しないことも保証されており、一部のプラットフォームではユーザーはトークンをステーキングして約1日後に報酬の受け取りを開始することもできます。

DeFiにおけるリキッドステーキングデリバティブのリスク

リキッドステーキングデリバティブの長所と短所は何ですか? LSD は多くの課題に直面し、多くのリスクを伴います。

  • ボラティリティ: 多くの暗号通貨は価格のボラティリティが高いことで知られており、これには少なからぬリスクが伴います。 したがって、流動性ステーキングデリバティブ暗号通貨の価値がその原資産を下回った場合、ユーザーが損失を被る可能性があります。

  • スラッシュ: イーサリアムなどのさまざまなブロックチェーン ネットワークでは、バリデーターがアクティブに監視されています。 バリデーターの作業にエラーやギャップが発見された場合、バリデーターはペナルティを科せられるか「切り捨て」られる可能性があります。 リキッドステーキングプラットフォーム上のバリデーターがスラッシュされた場合、プロトコルは通常、スラッシュをカバーするオプションをユーザーに提供しますが、これに関連して他の問題が発生する可能性があります。

  • 詐欺リスク: 特定のプラットフォームでリキッドステーキングデリバティブを使用する場合、ユーザーはサードパーティのサービスを信頼し、それに依存して資産をトークン化すると想定されます。 しかし、計算を誤った場合、これらのプラットフォームでは詐欺のリスクや潜在的な損失が発生する可能性があります。 このため、安全対策を見落としてはならず、流動性デリバティブを提供する業者の信頼性、安全性、評判を慎重に評価する必要があります。

リキッドステーキングデリバティブの将来展望と DeFi の進化

暗号通貨の世界では、リキッドステーキングデリバティブの存在感が日に日に高まっています。 したがって、それらがDeFiの次の大きなマイルストーンになると考えないわけにはいきません。 DeFiでは、エコシステムの成長のサポート、収益性の向上、リスクの分散などの目的で、リキッドステーキングが使用されることも想定されます。

これは、LSD がすでに融資プロトコルよりも高い合計価値を固定しているという事実によって示されています。 だからこそ、ますます多くの企業がこのソリューションに注目し、LSDが最終的にはDeFiスペースをより効率的にするための鍵となる重要な部分として機能すると主張しているのです。

これで、リキッドステーキングデリバティブトークンのトピックを取り上げた記事は終わりです。 私たちのガイドから新たな洞察を得ていただければ幸いです。 この件に関する結論を以下のコメント欄でお気軽に共有してください。

記事を評価

前の投稿SportsFiとは何ですか? スポーツはブロックチェーンを満たしています
次の投稿2024 年の仮想通貨犯罪の傾向

質問がある場合、お問い合わせ情報を残してお待ちしています

banner image
banner image

暗号通貨の旅をシンプルに

暗号通貨を保管、送信、受け入れ、ステーキング、または取引したいですか? Cryptomusを使用すれば、すべてが可能です。便利なツールを使って、暗号通貨ファンドを登録して管理できます。

コメント

0

タイトル

当社は、コンテンツと広告をパーソナライズし、ソーシャル メディア機能を提供し、トラフィックを分析するために Cookie とブラウザ フィンガープリントを使用します。また、当社はお客様による当社 Web サイトの使用に関する情報を当社のソーシャル メディア、広告、分析パートナーと共有し、他の情報と組み合わせる場合があります。サイトの使用を続けると、Cookie とブラウザーのフィンガープリントの使用に同意したことになります。

当社は、コンテンツと広告をパーソナライズし、ソーシャル メディア機能を提供し、トラフィックを分析するために Cookie とブラウザ フィンガープリントを使用します。また、当社はお客様による当社 Web サイトの使用に関する情報を当社のソーシャル メディア、広告、分析パートナーと共有し、他の情報と組み合わせる場合があります。サイトの使用を続けると、Cookie とブラウザーのフィンガープリントの使用に同意したことになります。