サービス
関税ブログAPI
2024 年の仮想通貨犯罪の傾向
banner image
banner image

犯罪者がブロックチェーン上の匿名性を高めるために使用する手法やテクノロジーはますます洗練されており、私たちは大きなリスクにさらされており、反撃はますます困難になっています。 今日、デジタル詐欺の問題をより詳しく準備して調査するために、2024 年の暗号犯罪の傾向に関する記事を用意しました。

暗号通貨犯罪の種類

ブロックチェーンにはその良い面やセキュリティプロトコルにもかかわらず、今日でも暗号犯罪の増加の基盤となっています。 仮想通貨犯罪の主な種類を見てみましょう。

  • 暗号通貨詐欺: 分散型の性質、匿名性、規制上の問題により、今日のデジタル資産は、犯罪者が詐欺に使用するのに最適です。 したがって、仮想マネーの開発が成功する一方で、仮想通貨と犯罪の世界も進化し、現在ではさまざまな形をとることができます。 これらには、詐欺プロジェクト、ポンジスキーム、フィッシング詐欺、投資詐欺などが含まれます。

  • 暗号通貨の盗難: 残念ながら、デジタル通貨の世界には盗難がつきものです。 多くの犯罪者は、ソーシャル エンジニアリング、仮想通貨サイバー犯罪戦略、公衆 Wi-Fi、ソーシャル メディア、フィッシングなど、さまざまなハッキング手法を使用して目的を達成します。 そして、data によると、2023 年だけでもハッカーは合計 1 ドルを盗んでいます。 80億相当の仮想通貨。

  • ダークネット市場と違法取引 ダークネット上には、そのようなプラットフォームへのアクセスを許可し、使用の匿名性を提供する隠れ TOR サービスとしてホストされている違法取引用の Web サイトがあります。 これらの Web サイトは、法律で禁止され、違法とみなされるものの取引に使用されます。 これには、麻薬や武器の密売などが含まれます。 この種の暗号通貨犯罪では、暗号通貨は、やはりその匿名性とグローバルな性質により、違法行為から利益を得る補助者および手段として機能します。

  • ポンプ アンド ダンプ スキーム: 仮想通貨の金融犯罪が蔓延する世界では、ポンプ アンド ダンプ スキームには特別な注意が必要です。 これらのスキームは、特定のコインに注目を集め、価格が急騰したときにその売上を利用するための、暗号界におけるよく考えられた戦略です。 詐欺師がソーシャルメディアや仮想通貨フォーラムで虚偽の主張をすることは珍しいことではなく、人為的につり上げられた価格で資産を売却する前に市場での需要を高め、誇大宣伝する可能性があります。

2024 年の暗号犯罪分野における脅威

2024 年は始まったばかりで、犯罪と仮想通貨の分野における特定の脅威に関連して、仮想通貨業界に多くの変化が起こる可能性があります。

  • スミッシング: 暗号通貨と犯罪の世界におけるこの種の脅威には、偽のモバイル テキスト メッセージを使用したソーシャル エンジニアリング攻撃が含まれます。 SMS メッセージは不明な番号から送信されることが多く、機密情報の要求、デバイスへのマルウェアのインストール、リンクのクリック、暗号通貨とサイバー犯罪の相乗効果の背後にいる者への送金などを求めるメッセージが含まれています。 多くの人がこの手口に騙されます。SMS メッセージの内容には、親戚や友人が困っていると思われ、経済的に助けてほしいという内容のメッセージや、取引所を代表して偽の抽選会や仮想通貨のプレゼントへのリンクが送信されるメッセージが含まれることが多いためです。

  • AI の脅威: 人工知能は、暗号通貨や犯罪分野を含むあらゆる業界で積極的に開発を続けています。 音声コピー、ディープフェイク、偽造を目的とした公文書のテキスト作成などのツールはますます洗練されており、犯罪者が利用できるようになっています。 したがって、今年は、あなたの愛する人から緊急の経済的支援を求める電話がかかってきたり、同様のメッセージを含む AI 生成のビデオが送られてきたりする可能性があります。

  • 偽の取引ボット: このスキームは資金の安全に大きな危険をもたらします。 仮想通貨市場の取引や監視にブロックチェーン犯罪の偽ボットを使用している場合、リンクされているウォレットが何らかの理由で空であり、そこからすべての資金が失われていることが判明する可能性があります。 したがって、信じられないほど大きな利益を約束する疑わしいプラットフォームを盲目的に信頼しないように注意してください。

  • ビジネスおよび雇用詐欺: この暗号犯罪には、検出が困難な技術を使用して、雇用を通じてデータや金銭を盗むことが含まれます。 たとえば、何も不審なものが見つからなかった就職面接の後、雇用主から電子メールが送信される場合があります。その電子メールは、一度開封すると犯罪者が個人データを盗み、あなたのデバイスにアクセスする可能性があります。 あるいは、企業が提供するプログラムを購入すると簡単に収入が得られると約束する隠れたねずみ講もあります。

2024 年の暗号犯罪傾向

2024 年に仮想通貨犯罪と闘うための戦略

犯罪暗号通貨と効果的に戦うには、次の戦略に従うことができます。

  • 暗号通貨市場で起こっているすべての最新情報を入手してください。 仮想通貨の世界の動向に関する最新情報を持っていれば、仮想通貨関連の犯罪疑惑を分析し、犯罪と戦う準備を整えることができます。 デジタル資産に関するニュースや情報をどのプラットフォームで調べるべきか心配する必要がないように、Cryptomus ブログ をフォローすることをお勧めします。そこでは、暗号通貨業界のあらゆる側面を定期的にカバーしています。

  • AI 盗難との戦いでは、愛する人の AI が生成した音声で経済的援助を求める電話を受けたときに、詐欺を防ぐために家族のパスワードを作成することを多くの人がアドバイスしています。

  • 金融犯罪暗号通貨と戦うために、デバイスとウイルス対策ソフトウェアを最新の状態に保ちます。 また、ブラウザ拡張機能やソーシャル ネットワークの 2FA など、追加のセキュリティ ツールを使用します。

  • 疑わしいほど魅力的なサイバー犯罪の仮想通貨のオファーに騙されたり、電子メールや SMS 経由で来たとしても、出所不明のリンクをクリックしたりしないでください。

2024 年の仮想通貨犯罪に対する規制対応

仮想通貨犯罪者を捕まえるのは困難です。 デジタル通貨の匿名性とその規制の難しさにより、当局は犯罪者を逮捕するのにますます困難を極めており、犯罪捜査において多くの障害を見つけています。 しかし現在、多くの暗号通貨プロバイダーやサービスが、不正取引シナリオの解決に役立つソリューションをユーザーに提供しています。 たとえば、P2P プラットフォーム Cryptomus では、取引中に問題が発生した場合、各トレーダーがプラットフォーム上で紛争を起こすことができ、専門家が解決を支援します。 問題。 そしてこれは、暗号通貨犯罪を規制するツールの一例にすぎません。

ここで、犯罪暗号通貨とは何かについてのこの記事を終わります。 お役に立てば幸いです。 2024 年の仮想通貨犯罪に関する予測を以下のコメント欄で共有することを忘れないでください。

記事を評価

前の投稿リキッドステーキングデリバティブとDeFiにおけるその地位
次の投稿ゲームセグメントにおける暗号通貨:暗号通貨の支払いを受け入れる企業

質問がある場合、お問い合わせ情報を残してお待ちしています

banner image
banner image

暗号通貨の旅をシンプルに

暗号通貨を保管、送信、受け入れ、ステーキング、または取引したいですか? Cryptomusを使用すれば、すべてが可能です。便利なツールを使って、暗号通貨ファンドを登録して管理できます。

コメント

0

タイトル

当社は、コンテンツと広告をパーソナライズし、ソーシャル メディア機能を提供し、トラフィックを分析するために Cookie とブラウザ フィンガープリントを使用します。また、当社はお客様による当社 Web サイトの使用に関する情報を当社のソーシャル メディア、広告、分析パートナーと共有し、他の情報と組み合わせる場合があります。サイトの使用を続けると、Cookie とブラウザーのフィンガープリントの使用に同意したことになります。

当社は、コンテンツと広告をパーソナライズし、ソーシャル メディア機能を提供し、トラフィックを分析するために Cookie とブラウザ フィンガープリントを使用します。また、当社はお客様による当社 Web サイトの使用に関する情報を当社のソーシャル メディア、広告、分析パートナーと共有し、他の情報と組み合わせる場合があります。サイトの使用を続けると、Cookie とブラウザーのフィンガープリントの使用に同意したことになります。